田原本町

住まい  仕事  子育て・医療

市町村支援制度一覧表へ戻る
カテゴリ 分類 支援制度 対象 内容
住まい定住支援 田原本町新婚・子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補給制度 民間指定金融機関の融資を受けて新たに住宅を取得する新婚世帯又は子育て世帯 住宅ローン利子の一部を補助
※詳しくは、町HPを参照
http://www.town.tawaramoto.nara.jp/kurashi/teijyu/teiju/10488.html
田原本町子育て世帯家賃補助金 町外から転入し、民間賃貸住宅に入居する子育て世帯 家賃の一部を助成
※詳しくは、町HPを参照
http://www.town.tawaramoto.nara.jp/kurashi/teijyu/teiju/10489.html
田原本町中古住宅取得助成金 田原本町空き家バンクに登録されている町内の中古住宅を取得し定住又は利活用される方 取得にかかる費用の一部を助成
※詳しくは、町HPを参照
http://www.town.tawaramoto.nara.jp/kurashi/teijyu/teiju/10477.html
仕事就労支援 若者自立のための相談会 働くことについて、さまざまな悩みを抱えている15~39歳くらいまでの若者、その家族
キャリアコンサルタントなどの専門資格を持つ相談員による無料相談
実施場所 町役場
(毎月第4木曜日 14:00~17:00)
予約・問い合わせ
若者サポートステーションやまと
TEL 0744-44-2055
起業支援 創業支援事業 創業・起業を考えている人
創業塾、創業支援相談
申し込み・問い合わせ 田原本町商工会 ℡0744-32-2552
※詳しくは、町HPを参照
http://www.town.tawaramoto.nara.jp/buisiness/syoukou/shien/3130.html
子育て・医療出産支援 特定不妊治療費助成金交付 町内に住所を有する法律上婚姻している夫婦
特定不妊治療の内容により、7万5千円又は15万円を上限とする治療費を助成します。(県等の支援事業により交付された額を控除した額を助成します。)
一般不妊・不育治療費助成金交付 町内に住所を有する法律上婚姻している夫婦
1年度につき5万円を上限とする一般不妊・不育治療費を助成します。
出産祝い品贈呈事業 平成30年4月以降に町に住民登録した子(転入を除く)。里帰り出産などにより出生届を町に提出した子
お子さんの誕生を祝福し、健全な成長を願う気持ちを伝えて子育て支援を行うことを目的として、出産祝い品をお贈りします。
出産育児一時金 国民健康保険に加入している母親 1児につき42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関での出産の場合は40万4千円)を助成
子育て支援 一時預かり事業 就学前までの乳幼児
保護者の就労、育児負担の軽減のため、一時的に保育が必要な場合に利用できます。
病後児保育事業 保護者が家庭で保育を行うことが困難な就学前までの乳幼児
病気の回復期にあるこどもを、指定の保育所で預かります。
病児保育事業 保護者が家庭で保育を行うことが困難な小学生までの子ども
病気のときに、指定の施設で預かります。
たわらもと子育て支援事業【副食費助成】 認可保育所、認定こども園、幼稚園、私立幼稚園(3歳児~5歳児)利用保護者 実費徴収となる給食費のうち副食費を月4500円を上限として助成します。
たわらもと子育て支援事業【延長保育料助成】 町内保育所、小規模保育所利用する保護者で延長保育を利用したもの 町内保育所、小規模保育所を利用する保護者が仕事等でやむを得ず延長保育を利用した際にかかる最初の30分の費用を助成します。
幼稚園での預かり保育 幼稚園利用の園児
全ての町立幼稚園で、預かり保育を実施しています。夏休み等の長期休暇中も実施します。
乳幼児の親子が集えるひろば 概ね3歳ごろまでの乳幼児とその保護者
町内2箇所で、ひろば(地域子育て支援拠点事業)として子育て情報の提供や、子育て中の人たちの交流を目的としたイベントを開催しています。はぴすまひろばでは一時預かりも実施しています。
ブックスタート事業 生後4ヶ月児の乳児 4ヶ月児健診で読み聞かせの説明をし、絵本を1冊手渡しします。
新生児聴覚スクリーニング検査費用助成金 新生児聴覚スクリーニング検査を受けた新生児の保護者
新生児期の入院中または外来において実施する新生児聴覚検査(自動ABRまたはOAE)にかかった費用の一部を助成します。(上限2,500円)
こども医療費 子ども医療費助成 田原本町に住所を有する乳幼児(0歳から義務教育就学前)及び小学生、中学生を養育する人 医療費(通院・入院)の一部を助成
通院・14日未満の入院の場合→レセプトごとに500円を差し引いた額
14日以上の入院の場合→レセプトごとに1,000円を差し引いた額
※レセプト→1か月、1医療機関、入院・外来別、歯科・歯科以外の診療科ごと
福祉・医療 ひとり親家庭等医療費助成制度 配偶者のない者であって、18歳未満の児童を扶養している者、およびその児童 等
医療費(通院・入院)の一部を助成
通院・14日未満の入院の場合→レセプトごとに500円を差し引いた額
14日以上の入院の場合→レセプトごとに1,000円を差し引いた額
※レセプト→1か月、1医療機関、入院・外来別、歯科・歯科以外の診療科ごと