香芝市

住まい  仕事  子育て・医療

市町村支援制度一覧表へ戻る
カテゴリ 分類 支援制度 対象 内容
仕事起業支援 香芝起業セミナーみらい塾 市内で起業を考えている方 香芝市商工会と共催で「経営・財務・人材育成・販路拡大」をテーマに、異業種・異業態の企業家からのサポートを受けることで、起業に必要なノウハウを短時間で学ぶことができ、確実性の高い事業計画書が作れる実践的な創業塾を開催します。
創業支援資金融資制度 これから新たに事業を営む方、または事業開始から1年未満の方(その他要件あり) 融資限度額:1,000万円、融資期間:7年以内(うち措置6ヶ月以内)、融資利率:2.175%(固定金利)のうち年1.00%を利子補給、信用保証料:7割相当分を補給 *運転資金、設備資金の合計が1,000万円を上限
創業促進補助金 募集期間内に提出のあった事業計画書等が採択された方 ・補助額:補助対象経費の50%【上限額100万円】
・補助対象経費:人件費、店舗等借入費、設備費、広報費
・補助対象事業:1)既存技術の転用、隠れた価値の発掘(新技術、設計・デザイン、アイディアの活用等を含む。)を行う新たなビジネスモデルにより、需要や雇用を創出する事業
2)市内の銀行または信用金庫、政府系金融機関、その他の金融機関からの外部資金による調達が見込まれる事業
創業支援アドバイザー派遣制度 市内で創業して1年未満の方及び市内で創業する具体的な計画を有する方 創業者のさまざまな経営課題の解決のための診断や助言等を個別で行える専門家を無料で派遣します。経営・財務・人材育成・販売の方法など。
*1人につき4回、1回の利用につき3時間以内まで。*予算に限りがあります。
子育て・医療出産支援 妊婦健診補助制度 妊婦 妊婦健診14回分、上限97,500円の補助
子育て支援 つどいの広場 子育てしている保護者等 子育てしている親や子ども同士が楽しく遊びながら交流できる場として市内4カ所で実施しています。
香芝市ファミリー・サポート・センター 市内在住の方。利用会員(6ヵ月~小学6年生までの乳幼児・児童をおもちの方)サポート会員(心身ともに健康で自宅で子どもを預かれる方) 香芝市ファミリー・サポート・センターは、育児の応援をして欲しい(利用会員)と応援したい(サポート会員)が育児の相互活動を行います。
ブックスタート事業 4ヵ月児の親子 保健センターでの4ヵ月児健診時に、ブックスタートパック(絵本1冊・バッグ)を親子に配布します。絵本を介して赤ちゃんと保護者が、ゆっくり心が触れ合うひとときを持つきっかけを作り、絵本の楽しさを知らせます。
こんにちは赤ちゃん訪問事業 市内に住所を有する生後4ヵ月までの乳児のいるすべての家庭 生後4ヵ月までの乳児のいるすべての家庭を看護師や地域の民生委員が訪問します。赤ちゃんの発育・栄養・病気の予防や子育て支援に関する情報提供を行い、お母さんの心身の状況についてアドバイスを行います。
預かり保育 市立幼稚園児 週3日、保育時間終了後から16時半まで、園児のうち保育を必要とする方に対して教育活動を行います。
学童保育 学童保育 保護者の労働などの理由で、放課後及び長期休暇などに保護者が家庭にいない児童を預かり、集団生活や遊びを通して児童の健全育成を図るとともに、保護者が安心して働くことのできる環境を提供しています。
就学援助 市立小中学校へ通う児童生徒の保護者 一定の要件を満たす場合に限り、学用品や修学旅行などの費用の一部を援助
特別支援教育就学奨励 市立小中学校の特別支援学級へ就学する児童生徒及び通級教室に通う児童の保護者 一定の要件を満たす場合に限り、教育費の一部を補助
こども医療費 子ども医療費助成制度 市内に住所を有し、健康保険に加入している0歳~15歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある子ども 一部負担を除く医療費を助成
福祉・医療 ひとり親家庭等医療費助成制度 0歳~18歳(18歳になる最初の3月31日)までの子のいる、ひとり親家庭の父子または母子(所得制限等の要件あり) 一部負担を除く医療費を助成
心身障害者医療費助成制度・重度心身障害老人等医療費助成制度 身体障害者手帳1級もしくは2級又は、療育手帳をお持ちの方 一部負担を除く医療費を助成