上牧町

住まい  仕事  子育て・医療

市町村支援制度一覧表へ戻る
カテゴリ 分類 支援制度 対象 内容
住まい空き家バンク 上牧町空き家・空き地バンク 町内の戸建て住宅 空き家の売却及び賃貸を希望する所有者(物件情報)と空き家の利用を希望するかたの情報を集約し、民間事業者との連携によりマッチングを支援します。また、空き家バンクの登録・利用を通じてリフォーム、物件の売買契約が成立した場合は、連携する事業者から割引、特別金利優遇を受けることができます。
住宅助成 耐震診断支援事業 昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅に対して、耐震診断及び耐震改修工事を実施した者への事業費支援 耐震診断費用を全額補助します。
耐震改修事業費助成 昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅に対して、耐震診断及び耐震改修工事を実施したかたへの事業費支援 耐震工事費の23%の額(上限50万円)を補助しています。
定住支援 アクティブシニア移住促進コンシェルジュ 60歳以上の町民を想定しているが、取り組みへの参加希望や家族からの相談については対象を定めない 高齢化が進行するなかにおいて、自活可能なシニアを増やすため、様々な取り組みやコミュニティに高齢者を取り入れ、生きがいや居場所をつくるほか、高齢者の持つノウハウを地域の子どもや学生に継承するなど多世代交流のなかで生涯活躍のまちを形成するため、本町への移住や取り組みへの参加を希望する町民に対し一元的に情報提供しサポートする窓口を設置するもの。
仕事就農支援 農業次世代人材投資事業 ※町単独施策はなし 独立・自営就農時の年齢が原則45歳未満であり、農業経営者になることについての強い意欲を有していること 就農前の研修段階及び経営の不安定な就農初期段階の青年就農者に対して青年就農給付金を給付するもの。遊休農地の利活用促進策として当該事業の紹介等に努めています。
就労支援 子育てママ就業支援事業 未就学児童を持つ女性 町内在住の子育て期間中の女性が希望する就業形態を確保するにあたり、場所や時間にとらわれない働き方を実現できるテレワークモデルを構築するため、ワーキングスペースと託児スペース等を併設した施設の整備を行い、しごとや新たなコミュニティの創出により、子育て環境の充実を図るもの。
起業支援 ほほ笑みサロン片岡 規定なし 起業を希望するかたに利用していただける施設を運営・管理しています。
子育て・医療出産・子育て支援 子育て世代包括支援センター相談窓口 妊娠期から子育て期(就学前)のかた 妊娠、出産、子育てについての様々な心配や悩みを、切れ目なくサポートするため母子保健コーディネーターがサポートします。
出産支援 成人風しんワクチン接種費用助成事業 ①19歳以上で妊娠を予定している女性
②妊婦の同居家族及び配偶者
風しんワクチンの接種費用の一部を助成しています。(風しんワクチン:4,000円  風しん・麻しん混合ワクチン6,000円)
母子健康手帳交付・面接 妊婦 助産師や保健師等が母子健康手帳の交付時に、手帳の内容や上牧町の産前、産後のサービス等を説明し、妊娠中の不安なことなどの相談にも応じています。
上牧町一般不妊治療・不育治療費助成制度 ①年齢制限なし
②夫婦の合計所得金額730万円未満
③戸籍法上婚姻の届け出をしていること
④上牧町に夫婦の両方、いずれか一方が引き続き1年以上住民登録があること
保険適用分の自己負担額及び保険外診療の自己負担額(高額医療費で補てんされた費用は除く)のうち、不妊治療は上限7万円、不育治療は上限10万円まで助成しています。不妊相談にも応じています。
母子保健事業(プレパパママ教室) 妊婦とその配偶者 妊娠中の食事・沐浴体験や助産師による安産のコツを伝授しています。個別相談にも応じています。
子育て支援 まきっ子塾(放課後学習塾) 町内小学1~3年生
児童の基礎学力の向上や家庭学習の定着を身に付けることを目指した放課後学習塾です。
延長保育事業 就学前までの児童 育児支援の充実を図るため、最大午前7:00から午後10:00まで(保育所により異なる)延長保育を実施しています。
母子保健事業(ほほ笑み教室) 幼児~就学前まで 療育支援が必要な幼児とその保護者に対して、遊びを通じての指導や相談を実施しています。
上牧町通級指導教室(ペガサス教室) 町内の小学校又は中学校に在籍する児童又は生徒(以下「児童等」という。)の内、学校教育法施行規則第140条の各号のいずれかに該当する児童等とその保護者又は在籍する学校の担当者 子どもが必要としている特別な学習を、必要な時間だけ通って個別や小集団で学習しています。
病児・病後児保育 ①町内に在住の6か月~小学6年生までで、病気中にあり、集団保育などが困難な児童等
②保護者の勤務などの都合により、家庭の育児、看護が困難な児童等
医師が病児保育での対応が可能だと判断した場合、看護師、保育士と連携してお預かりする保育事業です。
チャイルドシート貸付事業 0歳~1歳の乳児 道路交通法に定められているチャイルドシートの貸出しを行っています。
上牧町子育てガイドブックの作成 なし 子どもの成長段階に沿って、受けられるサービスや子育てに関する情報を幅広く、わかりやすく紹介し、子育て支援の充実を図るものです。
産後ケア事業 産後4か月までの母子で、体調不良や育児について不安があったり、家族等からの支援が得られない等の支援が必要な方 助産師による心身のケアや育児のアドバイスを受けられます。ショートステイ・デイサービス・アウトリーチがあります。
産後全戸電話相談赤ちゃん訪問 概ね生後3か月までの乳児・産婦 赤ちゃんが生まれたら、助産師からの電話で産後の悩みの相談に応じます。助産師や保健師が訪問し、赤ちゃんの発育等の相談に応じ、子育てに役立つ情報をお届けします。赤ちゃん訪問記念品を訪問時に贈呈します。
新生児聴覚検査助成事業 生後1か月以内のすべての新生児 出産後に参加医療機関で実施する新生児の耳の聞こえの検査費用を一部助成します。(初回検査、追加検査ともに上限3,000円まで)
ロタウイルスワクチン接種費用助成金交付事業 生後6週から32週までの乳児 1人につき7,000円を上限で1回のみ補助します。
おたふくかぜワクチン予防接種費用助成金交付事業 1歳から小学校就学前までの幼児 1人につき3,000円を上限で1回のみ補助します。
母子保健事業(つくしっこ教室) 2歳児~就園前まで 小集団のなかで、幼児の成長発達を支援する教室です。
母子保健事業(3か月・10か月児健診、1歳8か月児健診、3歳児健診) 生後3か月・10か月の乳児、1歳8か月児、3歳6か月児とその保護者 問診、身体計測、診察、歯科診察、育児・栄養・歯科・発達相談等を行っています。
母子保健事業(2歳児歯科検診) 2歳児 歯科検診、ブラッシング指導、歯科相談、フッ素塗布(希望制)を行っています。
母子保健事業(乳幼児相談) お子さん(乳幼児)と保護者 身体計測、育児・栄養相談、遊び場の提供を行っています。
母子保健事業(ささゆりルーム乳幼児相談) 乳幼児と保護者 身体計測、育児相談、遊び場の提供を行っています。
母子保健事業(電話相談) 妊娠期から子育て中のかた 妊娠中の悩みや、育児・栄養・発達・予防接種等の相談に応じています。
離乳食教室 3~5か月の乳児と保護者 栄養士が離乳食開始から、初期についての説明をします。離乳食の試食もあります。
母子保健事業(おやつ教室) 4歳~小学校3年生のお子さまとその家族 親子でおやつをつくる教室を行っています。
もぐもぐ教室 年長児 年2回、上牧幼稚園、第1保育所に保健師等が訪問し、食べることの大切さや、食べ物に興味を持ち体を大切にするお話をします。
むし歯予防教室 年中児と年長児 年2回、第1保育所に歯科衛生士等が訪問し、ブラッシング指導やむし歯についてのお話をします。
すくすく発達相談 就学前までの子どもとその親 月1~2回、臨床心理士が、ことばや発達について気になることなど相談に応じます。
おひさま広場 0歳児、1歳児、2・3歳児ごとのクラス ふれあい遊びやリズム遊び、季節の行事など親子で充実した時間を過ごすことができる子育て支援拠点です。
上牧町児童生徒就学援助 経済的な理由によって就学困難と認められる児童生徒の保護者 経済的な理由によって就学困難と認められる児童生徒の保護者に対し、就学に必要な援助を行います。
上牧町特別支援教育就学奨励 小学校又は中学校の特別支援学級に在籍する児童生徒の保護者 小学校又は中学校の特別支援学級に在籍する児童生徒の保護者に対し、その経済的な負担を軽減するため、要件を満たした場合、奨励費を給付します。
ピーターパンおはなし会 児童 読書活動の一環として、ボランティアグループ「ピーターパン」の方々による、児童を対象にしたおはなし会を行っています。
こども医療費 乳幼児等医療費助成事業 中学3年生の年度末まで けがや病気で健康保険証を使って病院にかかったときの自己負担額から一部負担金を控除した額を助成する制度です。
福祉・医療 ひとり親家庭等医療費助成事業 ひとり親家庭の親等と18歳に達する日以降の3月31日までの間にある児童 けがや病気で健康保険証を使って病院にかかったときの自己負担額から一部負担金を控除した額を助成する制度です。
心身障害者医療費助成事業 満1歳以上で下記のいずれかの要件を満たす方
①身体障害者手帳1級又は2級の方
②奈良県発行の療育手帳A1又はA2の方
けがや病気で健康保険証を使って病院にかかったときの自己負担額から一部負担金を控除した額を助成する制度です。