[特集] 奈良で広がり続けるコミュニティーナースの活動の4年間

[特集] 奈良で広がり続けるコミュニティーナースの活動の4年間

impact

2017年、奈良で初めてのコミュニティナースが誕生して4年、その活動は8市町村に広がっています。活動や存在を全く知られてなかった4年前からスタートして、今では地域の一員となり、活動するまちの元気づくりに関わりまちの人々にたくさんの「ありがとう」をもらっています。8市町村たくさんの人に元気を届けました!奈良県で実施された講座から58名のコミュニティナースが巣立ちました!

2017年、奈良で初めてのコミュニティナースが誕生して4年、その活動は8市町村に広がっています。活動や存在を全く知られてなかった4年前からスタートして、今では地域の一員となり、活動するまちの元気づくりに関わりまちの人々にたくさんの「ありがとう」をもらっています。8市町村たくさんの人に元気を届けました!奈良県で実施された講座から58名のコミュニティナースが巣立ちました!

歩みを詳しく見る

Community Nurse

  • 川上村梅本久美子さん
    ”人と地域を元気にする”が
    わたしの活動の本当に大事なところ
    朝は、野菜や果物、お惣菜など500 品目を載せて村内すべての地区をまわる移動販売車に同行することから始まる... show more
  • 山添村荏原 優子さん
    人との出会いを通して
    ”村を良くしていきたいお姉ちゃん”に変わっていった
    バングラデシュから帰国した荏原さんが、”ガソリンスタンドに週の半分常駐するナース”として働き始めたのは2017年... show more
  • 大淀町吉田 真佐美さん
    看護師だけじゃない。
    まちの人がみんなコミュニティナース
    偶然コミュニティナースを知り、「これが、わたしのやりたかったこと!」と思い立ってすぐに講座に申し込んだ吉田さん... show more
  • 五條市桝田 采那さん
    住民さんに頼ってもらったことで、
    わたしはここにいていいんだと思えた
    303世帯。人口約2,300人の五條市西吉野町で、桝田さんが昨年1年間で訪問したひとり暮らしの高齢者や高齢者夫婦世帯等の数だ... show more
  • 天川村山端 聡さん
    僕に任せてくれたら大丈夫。
    そう思ってもらえるように動いています
    結婚式を挙げた思い出の場所である天川村に、山端さんが家族で移住したのは2017年... show more
  • 奈良市福島 明子さん
    この町が大好き。
    長く住み続けられるためにはどうしたらいいだろう?
    「わたしの中では、農とナースって驚くほどつながっている」と笑う福島さんは、”百姓コミュニティナース”を名乗って活動をはじめたばかりだ... show more
  • 御所市久本 美穂さん
    まず自分が楽しむと決めたら、
    人がどんどん集まってきた
    現在、週3〜4日御所市のデイサービスときの森で働きながら、空き家の掃除やリノベーションを仲間たちと進めている... show more
  • 桜井市中山 一代さん
    自分がワクワクするアンテナを、
    いつも研ぎ澄ませている
    入職後しばらくして、NPO法人が診療所の会議室を利用して月1回開催する”暮らしの保健室”を担当することになった... show more
prev
next

ActionMap

voice

コミュニティナースの活動仲間の方々から声をいただきました。

  • 山添村 荏原さんへ 村内のガソリンスタンドの店員さん 東山給油所 乾 由さん もともとウチのスタンドが村の憩いの場になってほしいと思ってお客さんといろんな世間話をしていたけど、話の中で気になることがあっても、自分の仕事を越えて家族に伝えるなどすることはできなかった。荏原さんがスタンドだけでなく住民さんの自宅やいろんな場所に出向くナースだったから、いいタッグを組めています。
  • 川上村 梅本さんへ 村役場で地域包括ケアを推進する職員さん 住民福祉課 伊藤 康裕さん 以前は村の診療所と社会福祉協議会、かわかみらいふ、そして役場がそれぞれ気になる住民さんを個別にケアしていました。梅本さんが関係を繋いでくれたこともあり、今では地域包括ケア会議を通じて常に情報共有ができていて、役場がリードしなくても村の暮らしの安心を守るしくみがまわるようになってきているのを感じます。
  • 天川村 山端さんへ 洞川温泉で漢方薬を販売するお店のご主人 有限会社銭谷小角堂 銭谷 貴大さん 山端さんは商工会や観光協会だけでなく、わたしたちが普通にここで商売していたら出会わない地元のおじちゃんおばちゃんや、医療職の人たちとも広くお付き合いがあります。例えば農家を続けられなくなったなど地域の困りごとにわたしたちが協力したり、逆に温泉街の繁忙期には村の人に手伝ってもらったり、そういう交流ができるといいですね。

history

  • 2017 地域おこし協力隊や移住促進事業などを活用して、
    奈良県にて1名(のちに山添村へ移籍)、
    東吉野村、天川村、川上村にて各1名ずつコミュニティナースが活動を開始
  • 2018 3ヶ月間の実践型研修として全国に先がけて開講された
    「奥大和コミュニティナース養成講座」に14名が参加。
    五條市と十津川村にてフィールドワークを行う
  • 2019 養成講座の第2期に11名が参加。
    五條市や大淀町など
    コミュニティナースの活動エリアがさらに拡大。
    移住を伴わない形でも、奥大和エリアに愛着を感じて
    コミュニティナース活動に協力する受講生が多く生まれる
  • 2020 一定の実践経験を積んだコミュニティナースが
    活動の継続・発展を目指す
    「コミュニティナース ステップアップ講座」に12名が参加。
    県内外から講師を招聘し、ゼミ形式で相互に高め合う形へと進化。
    コミュニティナーシングの学びの聖地として
    全国に知られるようになる